投稿日:

自分の親と分かり合えないのはなぜ?

自分を産み育ててくれた親なのに、わかり合えない、理解できない・・・。

そんなお悩みを抱えている方はとても多いです。

「こんな家庭に産まれたくなかった」

「自分は本当は○○さんのところのような家庭に産まれたかった・・・」

とずっと思って生きているという方もいらっしゃいます。

 

あなたと、あなたの親は、どうして親子になったのでしょう?

どうして、今、わかり合えない状態に陥っているのでしょう?

 

やはりそこは、

過去世からの確執の中にあったりします。

 

魂の歩んできた道を見てみると、

今の世界で親子関係の場合、

過去世で繋がりがある場合がほとんどです。

 

ただ、過去世で常に良い関係だったとは限りません。

たとえば、私が過去世を見させていただいた親子関係の中には、過去世でお互いにとても惹かれあう部分があって、良い友達になれそうだった。

なのに、部族や集落が違うため、繋がることはできなかった、引き離された・・・。

そんな魂の記憶がありました。

 

 

信じられない方もいらっしゃるかもしれませんが、

子どもはみんな、親を選んで産まれてきています。

「この人のもとに産まれたら楽しそうだな~」

「ここで産まれると気持ち良いだろうな~」

と思って、降りてきます。

 

中には、祖父母のエネルギーや波動に惹かれて降りてくる場合もあります。

親子関係は偶然ではなく、

過去世からの運命です。

つまり『必然』です。

 

しかし、その親を望んで産まれてきたとはいえ、もちろんすべて自分の望み通りになるかというと、そうではありません。

自分が思っていた理想とは違う親子関係になってしまうことがあります。

ズレは生じるものです。

 

なぜズレが生じてしまうのか?

というと、

人のエネルギーや波動というのは、変動していくからです。

 

過去の親子関係をアカシックレコードで見させていただいた方の中には、過去世では自分と合うとても良い波動だった。

なのに、今世では母親が苦労を背負いすぎて、波動が乱れ、

「なんか思っていた感じと違う・・・」

と魂が違和感を覚えて、

現実の世界でも親子関係が悪くなっていた。

という方がいらっしゃいました。

 

自分の親と価値観が違いすぎてくると、

対立が深くなり、

「どうせ何を言っても通じないから・・・」と、

多くの方は本音を言うのを諦めてしまいます。

これではなんの解決にもつながりません。

それどころか、溝は深くなっていくばかりです。

 

親子関係で大切なのは、

自分は親を選んで産まれてきたのだという事実を受け入れること。

そして、どうして親を選んできたのか?

この悩みは、

アカシックレコードを読み解くことではっきりわかってきます。

 

「ああ、だから自分はこの親を選んで産まれてきたんだ」

ということがわかり、

受け入れることができると、

不思議と親子関係に変化が訪れます。

 

受け入れることで、魂のステージが変わるんですね。

私も多くのクライアントさんのアカシックレコードをみさせていただきながら
はじめてわかることが多々あります。
私自身も伝えさせていただきながら勉強をさせていただいております

本当にアカシックレコードに終わりはなく奥が深いな~と日々感謝です

投稿日:

アカシックレコードに繋がるための瞑想法とは?

これもリクエストが多かったのでここでも書いていきますね

アカシックレコードからのメッセージを、

意図的に受け取れるようになるには、

自己鍛錬が必要になります。

 

その自己鍛錬のひとつが、『瞑想』です。

特に、ヨガでも使われる呼吸法から始める瞑想は、

自身の波長やエネルギーを整えるのにもとても効果的です。

 

やり方をご説明します。

①目をつむり、鼻から息を吸い、胸とお腹をゆっくりと膨らませる(4秒)

②そのまま8秒間溜めておきます

➂口から息をフーっと細く長くゆっくり吐いていく(16秒)

 

瞑想に入る前にこの手順を、繰り返し行います。

理想は8分間、朝晩1回ずつです。

 

長く深く息をするということに慣れていない方が多いので、

最初は大変かもしれません。

 

難しいようでしたら、

4~5分、一日1回でも結構です。

毎日継続して行うことで、

長く深い呼吸ができるようになってきます。

 

呼吸を吐くときは、

“自分にとって不必要な悪いエネルギーや感情が、吐く息とともに出て行っている”

というイメージで吐き出します。

 

そうすることで、本当にイライラやモヤモヤなどネガティブな感情が落ち着いてくるのがわかるでしょう。

 

最初のうちは、瞑想をしていても、ネガティブな感情など雑念が湧き上がってくるかもしれません。

そんなときはすぐ呼吸に集中しなおすこと。

ただ、深く、ゆっくり、呼吸を続けます。

 

瞑想を続けていくことで、どんどん心の中がクリアになっていきます。

日常生活でも雑念がなくなり、葛藤がどんどんなくなっていきます。

 

アカシックレコードからのメッセージは、心がクリアであればあるほど受け取りやすくなります。

瞑想中にふと長年気にかかっていた問題の解決法が思わぬようなメッセージとして表れてくることもあります。

 

また、よく言われている引き寄せの力も強くなります。

自分にとって必要なものが必要なときに必ず手に入るようになったり、

必要な人も必要なときに現れてくれるようになりますよ
人にとって呼吸はエネルギーを整えるのに運動よりももっとも大切で効果的な。

エクササイズともいえるでしょう!

 

投稿日:

彼にもっと男らしく引っ張ってもらうには?

付き合っている彼に対して、

「もっと男らしくなってほしい。男らしく自分のことを引っ張っていってほしい」

という不満を抱えているクライアントさんがいらっしゃいます。

 

ある相談者さんの

アカシックレコードを見ていくと、

クライアントさんの彼は、

今は男性として生まれていますが、

過去世は「中世的な存在であったり、女性であることの方がとても多かった」ということがわかりました。

 

過去世が女性であることが多かった場合、

今は男性として生まれていても、

女性性がどうしても強くなってしまいます。

実際、そのような男性は多いのです。

 

大切な彼のアカシックレコードを見て、

彼がどんな過去世を背負ってきたかがわかり、

「ああ、だから彼は男らしさが足りなかったんだ!」

とそのクライアントさんは納得しスッキリされた様子でした。

 

そしてその後、関係性も変わりました。

彼は、確かに世間一般的な男らしさやワイルドさはないけれど、

内面は繊細でとても優しく気遣いができる。

 

そして、それが彼の良さであり魅力なんだ・・・

ということがわかったから、

彼に男らしさを求めなくなったそうです。

「あなたは、そのままでいいんだよ」

とありのままの相手を受け入れることができたのです。
途端に彼の良い部分がクローズアップされ、そう、女性性がもともと強い彼は共感能力も高く、聞き上手でかゆいところに手が届くような相手の気持ちを汲み取る話し方が上手でしたのでいつも会話が途切れることなく一緒にいると楽しい!を思いだしたようですね。

相手の魂の性質がわかることで、

解決する問題というのは多々あります。

 

このクライアントさんのように、

今世では男性として生まれているのに、相手の魂の女性性が強い場合、

大切なのは、

「男なんだから男らしくもっとひっぱってほしい!」

と強要したり相手を否定したりせず、

受け入れること。

 

性格を指摘され一番悩んでいるのは、

他でもない、本来のままの彼です。

そこを責めたりされると、どうなるでしょう?

 

相手は自分を否定されていると思い、

悲しくやるせない気持ちになるでしょう。

自分をいつも責めて、

本来の自分を押さえつけ、

いつも葛藤を抱えながら生きることになるかもしれません。

 

大切な人に自分のありのままを受け入れてもらえると、

魂は喜びます。

そして、新たなステージへ進むことができます。

 

これは恋愛や夫婦関係だけでなく、

親子関係においても言えることです。

 

自分の子どもが、男として生まれているのに、

ほかの男の子ように活発ではなく、

女の子っぽかったりしたら、

親としたら心配になるでしょう。

そんなとき、

「もっと男らしくなさい!」

と強く叱ってしまったり、

否定せずに、受け入れるということです。

 

相手の魂の歩んできた道を否定せずに。

まずは、相手の魂の性質を知り、受け入れること。

それが自分と相手の新たなステージへ進む第一歩となります!!

投稿日:

過去や未来は誰にでも見える

アカシックレコードは、

宇宙にあずけてある意識の集合体、いわばとてつもなく大きな貯蔵庫です。

人間一人ひとりの過去世での体験や感情、意識

そして未来まで、

あらゆる事象、波動、すべてが記憶されています。

 

アカシックレコードは、

本来は誰しもが見ることができるものです。

たとえば、悪い予感が当たったり、

逆に良い予感が的中したり・・・。

 

電話が鳴って、「もしかしてあの人からかも?」と思ったら、

本当に思っていたとおりの人からだった、

という経験は、あなたにも一度や二度はあるのでは?

これもアカシックレコードからのメッセージのひとつです。

そう、過去や未来を読み解く能力というのは、

なにも特別なことではないんですね。

多くのクライアントさんにアカシックについて色々と聞かれるので
ここにも書かせていただきます。
多くの方は、

それを無意識で使っていて、やり方に気がづいてはいません。
私も以前はコントロールして使うとは思いもよらなかったですから

その無意識の段階で使っているものを、意識的に使えるようにするには、

やはりある程度鍛錬が必要です。

 

鍛錬をすることで、それまで45度ぐらいしか見えていなかったことが、360度の視界で見たり、受け取ったりすることができるようになります。

 

アカシックレコードを読み取れると

恋愛の悩み、友人関係の悩み、夫婦間の悩み、子育ての悩み、家族間の悩みなど、

様々な対人関係のヒントが得られるので、同じ悩みでも視えないトンネルの中で彷徨うことはなくなるのでずっと楽になるのです。。

 

また、本来の自分に出会えて、

雑念が無くなり精神的に安定したブレのない人生を送れるようにもなります。

なので、今まで人のことを気にして生きてきた人も、

過去性を上手に手放し、本当の意味での自由で好きな自分軸に乗ることが可能になるのです。

 

よくご報告いただくのは、仕事や、主婦の方ですと家事が今まで以上に集中できるようになり、パフォーマンスが向上するようですね。

それからよりステージが上がっていくごとに

“宇宙と繋がっている”という感覚に冴えてくるので、(愛の状態)

余計な心配や不安を感じなくなり常に満たされた状態になりますので
ニュートラルな状態を保つことができるのです。

 

アカシックレコードは、このニュートラルな状態でいることがとっても重要なポイントになるので、常にご自分の事を客観視、俯瞰してみてみるのも鍛錬の第一歩になりますよ。
わたくしも初めは雑念が消えると時間短縮になるかしら という単純な思いから入ったのを覚えています。
本当に鍛錬すればするほどに
第六感以上の感覚意識から、また現実に普段感じている

『五感』を通じて知りたいことを教えてくれます。

映像で、匂いで、味で、音で、体の感覚で、

過去世で経験したこと、

そしてこれからの未来をまざまざと見せてくれます。

 

自分の過去世や未来だけでなく、

やり方に少しだけ違いはありますが、他人の過去世や未来も見えるようになります。

自分の悩みの解決だけでなく、

人間関係や仕事、

人生に悩まれている方の手助けができるようになるということですね。
実際、現在占い師さんや医療の現場、学校の先生方のような
愛を広めるご職業の方々のツールとしてもお役立ていただいております。
これから日本でももっともっと目に見えない分野の世界が重要視されてくるのではないかと思います。

ちょっと堅苦しくなってしまいましたけれどシンプルかつ情熱的にが一番です!

投稿日:

姑との確執と前世との関係は?

お義母様との関係に悩まれている女性は多いです。

義実家との付き合いというのは、やはり気を使うもの。

 

「義母とは比較的、仲が良いですよ」

「義母のことを本当の母のように信頼してます」

という方もいらっしゃいますが、

多くは何らかの確執や葛藤があるようです。

 

なるべくコミュニケーションを取らず、

付き合いを避けたい義母との関係・・・

 

しかし、もしかしたら、そのお義母様は、

前世で強い繋がりのあった人物かもしれません。

 

ご結婚されている方のアカシックレコードを見ていくと、

ご主人はもちろん、お義母様ともなんらかの関係があった方が多いのです。

 

中には、

“義母とまためぐり合うために、ご主人と結婚した”

という方もいます。

 

お義母様と過去世でどういう関係だったのか?

 

 

というと、

それは仲の良い姉妹であった場合もありますし、

逆に骨肉の争いを繰り広げたことのある仲であった場合もあります。

 

お義母様に特別なにか嫌なことを言われたわけでも、

嫌なことをされたわけでもないのに、

なぜか義母と話していると気持ちが落ち着かない、

警戒してしまう・・・

 

という場合は、

過去世でなんらかの確執があった可能性が高いです。

 

そして、なぜまた今めぐり会ってしまったのか?

というと、

「その戦いは、今生では役に立たないよ」

ということを知るためです。

 

アカシックレコードを見ていくと、

過去世でのお義母様との関係が明らかになります。

 

過去世でのお義母様との関係が明らかになったら、

それだけでスッキリします。

 

「ああ、だから私は義母のことがこんなに苦手だったんだ・・・」と。

 

しかし、

どんな過去世を背負っていようと、

大切なのは『今』です。

 

お義母様との過去世での関係を明らかにしたあと、

大切なのは、

「相手は、過去世ではそうせざるをえなかったんだ」

と納得して、

相手を許すこと。

 

そしてさらに、

「自分は、過去世ではそうせざるをえなかったんだ」

と納得して、

自分を許すこと。

それから歴史の中の一つの出来事に過ぎなかったんだと手放すこと

 

そうすることで、

違う人生の歩みが始まるのです。

開かれた未来に、自然に向かうことができるのです。

 

 

『鏡の法則』という言葉があります。

相手は、自分を映す鏡。

 

あなたが過去世を受け入れ、

自分や相手を許すことで、

お義母様のほうにも不思議と良い変化が表れます。

 

こちからからなにか、

特別なアクションを起こしたわけではないのに、

お義母様が優しくなった、

いい距離感で付き合えるようになった、

というクライアントはとても多いです。

 

すべては目に見えないところで繋がっているものなのです。

投稿日:

「自分には本当は何をしたいかわからない」そんな虚無感を解消する方法とは?

私のクライアントさんに、会計士の方がいらっしゃいました。

彼はお仕事で成功されていて、金銭的にも精神的にもある程度ゆとりがあり、ご家族様とも仲が良く、何不自由がないはずなのに虚無感を感じているというのです。

お話をうかがってみると、

「自分にはこの仕事が向いていない気がする・・・
父の背中をみて必死に追いかけ、
目標だった全てを受け継ぎ任された状態から事務所を大きくするまで来て早16年。

仕事ではスタッフに恵まれ、家庭も円満で幸せなはずなのに何か満足できない。
けれど今更、誰にも言えず、インターネットでその答えを探すように、色々なサークルや勉強会などへも参加して楽しんでみたものの答えには行きつかず、
最後にここにたどり着きました」

といらっしゃったのです。

 

この方だけでなく、

「今の自分の仕事が辛い」
「本当にやりたいことがなんなのか分からない」
「このままでいいのか疑問」

と悶々とされている方は多いです。

自分の本当にやりたいことが仕事にできれば、最高に幸せですよね。
しかし、誰もが思うような職業に就けるわけではありません。
あなたは、過去世でも、たくさんの仕事を経験してきています。
その中には、やりたくない仕事もたくさんやってきたことでしょう。

あなたが
「今の仕事は全然やりたくないことだけど、なぜか抜擢された」
「数字なんてそんな好きじゃないけど、なぜか数字が得意」

という場合、

それは過去世で経験したことがある仕事です。

 

過去世で経験したことあるものは、

以前に魂が幾度となく経験したことなので、

比較的難なくできることが多いのです。

 

しかし、

それは以前に経験したことがあるから得意なだけで、

魂は別のことを本当は求めている可能性があります。

 

お仕事とこれから先の人生のことで悩まれている、

その会計士のクライアントさんのアカシックレコードを見ていくと、

 

“海の中で優雅に泳ぎながら魚たちと戯れるている姿”

 

が、ワクワクした感情とともに見えてきました。

 

その見えた映像のことを伝えると、

「そういえば、ダイビングが趣味だったんです!」

とびっくりした表情でおっしゃられていました。

 

でも、ここ十数年は仕事に没頭し

まったく行けてなかったどころかいつか子供が大きくなったらまたやりたいなと
心の片隅に置いていた事も忘れていたそうです。

 

若い頃は、ダイビングに関することを仕事にすることも考えていたらしいのです。

ですが、現実的でないと周囲の反対にあい、

お父様と同じ会計士の道を選んだのだそうです。

 

人間の魂というのは、

ワクワクすることを求め、

そしてそれをやりたがっています。

それを、ほかならぬあなた自身に、「気づいて欲しい」と願っています。

 

アカシックレコードを読み解き、

ダイビングという、

魂が喜ぶことを再発見したそのクライアントさん。

 

その後、会計士をやる傍ら、

ダイバーショップを経営するようになり、海に係る仕事をするようになり地球環境に貢献することを考えできるのがまたもう一つ幸せをみつけられたようです
わからないことで悶々と悩まれていたそれまでより、

ずっと充実していきいきとした人生を歩んでいらっしゃいます。

 

アカシックレコードにアクセスできるようになると、

自分の本当にやりたかったことや、

本来の自分が求めていたもの、使命たるものがわかるようになります。

 

また、他人の本当にやりたかったことや

求めているものも見えるようもになります。

投稿日:

彼といつも喧嘩になってしまうのは、エネルギーの問題?

恋愛関係の悩みで、

「彼といつも喧嘩になっちゃうんですけど、この先うまくいきますか?」

というクライアントさんはとても多いです。

 

彼と喧嘩が多いという場合、

もっとも多い原因が、『エネルギーのバランスの問題』です。

 

恋人同士・夫婦・家族など親しい間柄は、

常にエネルギーを交換しながら生きています。

 

親しい間柄での衝突、喧嘩というのは、

エネルギーがぶつかり合い、

不協和音が生じている状態です。

現実的に近寄りがたいエネルギーを発してしまっています、、、
恋人同士の場合、

「あなたはどうせこう思ってるんでしょ!」
「私の事全然考えてくれていないんじゃないかな」
「ほかに気になる人がいるから最近冷たくなったんじゃないかしら!」

など、相手のことを考え過ぎでいる場合がとても多いのです。

これは、相手に常にエネルギーを送ってしまっている状態です。

 

エネルギーを常に送られていると、

相手の心は無意識に疲弊してしまいます。

そして、これ以上エネルギーを受けないよう

これもまた無意識にブロックにしようとします。

 

たとえば、離れている間も彼のことが気になり、

メールで「何してるの?」と連絡をする。

 

そのとき、彼女は

「どうせ私の事以外の事で楽しんでいるんでしょ!!」

なんて思いながら、

彼に強いエネルギーを送っている状態です。

 

すると彼は、無意識に宇宙からのメッセージを受け取り、

色々なケースがありますが、彼女からのメールになかなか気づかないようにします。

無意識に彼女を避けることで、自分を守っているんですね。

 

そうして、彼女は

「やっぱり!!私のことどうでもいいのよね!!」

とまた怒りの強いエネルギーを彼に送ることになり、

喧嘩が始まるのです。

まさに悪循環です。

 

このような状態の男女がうまくいくはずもありません。

彼と本当にうまくやっていきたいと願うなら、

彼の気持ちに執着しないこと。

 

「あなたはどうせこう思ってるんでしょ」

「あの人は今、こんなことを思っているに違いない」

と、考えるのではなく、

 

そんな時は本当の心の声を封じてしまっている状態なので

「私は彼とこうなりたい」

「私はこうしたい」

と、ご自分の素直な心に耳を傾けることがとっても大切です。

 

そうすると、彼に向けられていた強烈なエネルギーが、

スーッと自分に戻ってきます。

彼はストレスを感じることなく、

あなたへのブロックが消えていくのです。

 

そう、

「彼といつも喧嘩になってしまう・・・」

という場合、

最も有効な解決方法は、

“自分の気持ちを大切にする”ことです。

 

相手の気持ちではなく、

まず自分を大切にすることができている人は、

どこにいっても、

誰とでも調和を育み心地良さを生みます。

 

エネルギーをぶつけられたり奪われたりする心配がないので、

「あの人と一緒にいるとなんとなく心地良いなあ~」

と思ってもらえます。

最終的にはそこに行き着きましょうね。

 

エネルギーは相手に全てを向けるのではなく、

自分の内側でパワフルに保ち満たされ溢れ出すと

すべてがうまく循環し始める。

 

It’s up to you!!

 

このことを

覚えていてほしいと思います。

投稿日:

今付き合っている彼とは、前世でも出会っていた?

今付き合っている彼との前世との繋がりを知りたい、

と感じている方は多いです。

もしかしたら、

「彼とは不思議なめぐり合わせや、縁を感じる・・・」

と実際に感じているという方もいらっしゃるでしょう。

 

実際、その方のアカシックレコードを見ていくと、

今ご縁があってお付き合いしている方は、

過去世でもなんらかのご縁があった場合がとても多いです。

 

中には過去世で夫婦だった場合もあります。

良いも悪いも濃い間柄なら、

繰り返し夫婦になってきたという方もいらっしゃいます。

すごい繋がりですね。

 

彼と前世でどんな繋がりがあったのか?

これは、アカシックレコードにアクセスすることで見えてきます。

もし、縁があると感じている彼との間で、

不協和音・問題・トラブルが発生している場合、

それは前世から背負ってきたものという可能性もあります。

 

また、今はなにも問題がなくても、

過去世を見ていくと、

これから二人が一緒になっていく上で、

気をつけたほうがいいことも見えてきます。

 

たとえ、どんな過去世を歩んできた仲であろうと、

“今”ここからは自分で作り出していくことができます。

 

「彼とまた同じような人生を歩むのか?」

「彼とは決着をつけて新しい人生を歩むのか?」

「彼と前世での課題を一緒に乗り越えて、ともに歩むのか?」

 

アカシックレコードを読み解いた後の選択肢は、いろいろあります。

 

大切なのは、

アカシックレコードからのメッセージを受け取り、

まずはそれを『承認』することです。

 

すべてを受け入れることです。

 

そして、本来の自分を知り、自分を愛します。

 

そうすると、『乗り換えシステム』が作動します。

 

どんな過去世を背負って今に生まれてきていようとも、

未来は無限の可能性を秘めています。

 

アカシックレコードを読み解き、乗り換えシステムを存分に活用することで、

自分にとって本当に喜ばしい未来を選ぶことができるのです。

投稿日:

「いつも不安」「なんか寂しい」空虚な気持ちは過去生の影響です

「人からは、幸せそうな人生を送っているように思われるけど、心の中はいつも不安・・・」

「友達も家族もいるのに、ふいに孤独感に襲われて寂しくなる・・・」

そんな感情を抱えていませんか?

 

いつも何かしら原因不明の不安な感情を抱えている方や、

寂しい感情を抱えている方は、

過去世での出来事を引きずっている場合がとても多いです。

 

たとえば、アカシックレコードで過去世を見させていただいたクライアントさんの中に、生まれ変わってすぐ、子どもの頃に亡くなってしまっていたという方がいました。

 

赤ん坊は、祝福されるべき存在。

みんな愛を欲して生まれてきています。

しかし、中には愛を受ける前に、この世を去ってしまった子どももいます。

貧しさゆえに親に捨てられてしまったり、

病気で亡くなってしまったり・・・

そんな子もやはり数多く存在するのです。

 

また、戦争を繰り返し経験し、

安定や幸せとは言い難い経験を送ってきた魂の人もいます。

 

そういう強烈な過去世を持っていると、

今世で何不自由なく暮らしていても、

言い知れぬ不安や寂しさに襲われてしまいます。

そして、今を楽しめなくなるのです。

 

どんな過去世を背負っていようと、

大切なのは『今』です。

 

あなたが今の世に生まれてきた意味はなんでしょう?

投稿日:

「彼の気持ちを知りたい」という悩みはアカシックで解決します

人間関係において、

「あの人の気持ちが分からない」

「あの人の気持ちが知りたい」

と悩む人はとても多いです。

「あの人」の対象は、

恋人や、片思い中の相手の場合もあります。

また、夫婦、親子、友人、職場の人間関係の場合もあります。

「あの人の気持ちが分からない」

「あの人の気持ちが知りたい」・・・

この悩みを紐解いていくと、実はこんな気持ちが見えてきます。

それは

「なんで私の気持ちをわかってくれないの?」

という魂の叫びです。

あるクライアントA子さんにこんな相談を受けました。

「長くお付き合いしている彼の気持ちが分からなくて・・・

この先、私たちはどうなっていくのか、不安なんです。

彼の気持ちと、未来を見てください」

お悩みを聞いた瞬間に、いえ、お声を聴いた瞬間に、

A子さんにとって本当の問題はなんなのか?

アカシックレコードから、すぐにメッセージが降りてきました。

それは、実はA子さんは、

情熱的でハリケーンのようなパワフルな影響力を持つ、

気高い女王だったという、

魂の記憶です。

そのA子さんの魂が、こう叫んでいたのです。

「早く私を解放してちょうだい!」と・・・。

細かく見ていくと、

本当は自由にお友達と遊んだり、

好きな事をしてゆっくり過ごしたりして、

お稽古ごとに熱心な親に反抗したい。

だけど我慢して、気持ちを抑えて、

一生懸命お稽古に励み、

お手伝いをしている、

そんな幼いA子さんの姿が見えました。

「少しでいいから、好きにやってみたかったのよね?」

私はA子さんにそう言いました。

すると、A子さんの瞳から大粒の涙が溢れ出しました。

そして、こんなことをおっしゃってくださいました。

「子どもの頃の自分の感情を忘れていました。

とても厳しくいろいろ教わったことで、

“今の私があるのは母のお陰”

としか考えてこなかったです。

だから、

自分の感情は置いてきぼりのままだったんだって、

今、初めて気づきました。」と。

A子さんは、

老舗旅館の女将を務めるお母様のもと、

幼少時代から、

お琴やお茶、礼儀やマナー、おもてなしのお心を、

それはそれは、

厳しく教わってきたという事でした。

お母様は、A子さんがどこに出ても誇り高きあるよう、

日本の心ともいえる、きめ細やかなお作法や心構えを、

幼少時期から継承していきたい。

そんな一身でのお気持ちからのものでした。

そして、それらは、

お母様のコンプレックスからきたものでした。

そんなお母様のもとで育てられ、

「自由でいたい!!好きにやりたい!!」

という魂の声も、

いつしか聞こえなくなるほど耐えていたようです。

彼との関係においても、同じでした。

常に彼に合わせて、

彼に負担がかからないように、楽しんでもらえるようにと、

お顔色をうかがっているため、

本当の心がパンク寸前まできてしまっていました。

それで、ちょっとした事ですぐに過敏になり、

不安定を起こしてしまっていたのでした。

そうです、

A子さんは彼のことが大好き。

だから、おもてなしの心で相手に喜んでもらう事や、

相手を第一優先にすることを自然に長年してきたのです。

自分の気持ちは抑えて・・・。

魂は、いつでもA子さんに叫んでいました。

「もうこれ以上ガマンしないで。ガマンしなくていいのよ」

とメッセージを伝えていたのです。

彼の気持ちの方を見ていくと、

付き合いたての頃は謙虚でとても気が利くし、

全てを委ねて許してくれるA子さんとのデートは、

気持ちのいいものでした。

でも、トラブルもなく、

平穏無事に歴史を刻んできた単調なお付き合いから、

長年連れ添った夫婦のような関係になり、

彼自身も違和感を持ち始めていたのです。

彼の方も、このままお付き合いを続けていけるか、

言葉にならない不安があったようです。

彼は、A子さんに「もっと甘えてほしい」という気持ちを、本当は持っていました。

そのことをお伝えすると、

その後、お二人の関係は大きく変化しました。

結果、もう一度情熱的な恋から始まり、

この上ないほどの愛が実り、

周囲からも大変祝福されて、

愛されながらご結婚されたのです。

さらに、嬉しいことに、

それまで人付き合いがあまり得意な方ではなかったお二人は、

周囲との関係性もプラスに変わっていったのです。

人間関係の問題を解決するには、

表面的に見えているものだけを見ていても、

解決しないことがあります。

“本質的なもの”を見ていく必要があるのです。

アカシックレコードは、

表面に見えているものだけではなく、

本質的なものを教えてくれます。

まずは自分の心の声、魂の声をしっかり聞いて、

自分自身を愛すること。

背負ってきたものを解放し、

幸せに暮らす自分を、自分で選ぶことです。

そうすることで、わかり合えないと思っていた相手と、

自然と良い関係を築けるようになります。